便利に使えるクレジットカードVプリカ

クレジットカード

クレジットカードを持たない、もしくはクレジットカードを持っているが、海外の怪しい(?)サイトや、セキュリティー対策に不安なサイトでの決済においては、Vプリカを使うという選択肢は非常に有効だと思います。

クレジットカード決済の情報流出に不安があるときにはPayPalやVプリカを使おう

2018.10.27

そこで、PayPalの登録と併せて、具体的なVプリカの登録と使用方法を示してみましょう。

Vプリカのおさらい

まず、Vプリカって何?ってところからおさらいしましょう

インターネット専用のVISAカード(プリペイドカード)

Vプリカは、物理的なカード形態をもたない、インターネット専用のクレジットカード(プリペイドカード)です。

カードブランドはVISAカードとして使用できますので、世界中にあるインターネット上のVISAの加盟店での決裁に対応できます。

ただし、私は経験したことありませんが、VISAカードの決裁でも一部のサイトで決裁できないという場合もあるようで、すべて対応できるわけではなさそうです

申し込み可能なひと

日本国内に在住の18歳以上の方であれば審査なしでアカウントが発行され、利用可能です。

これは、本サービスが一般的なクレジットカードと異なり、最初にお金を差し入れるプリペイド方式をとっているためだと考えられます。

カード発行により提供されるカード情報

一般的なカード決済時に必要な下記の情報が提供されます

  • カード番号
  • カードの有効期限(発効後1年)
  • セキュリティーコード
    ※VISAカードでいうところ数字3桁のCVV2コードです
  • ニックネーム
    ※通常のクレジットカードの名義人に相当します

セキュリティーコードも発行されますので、インターネットで決済する際に困ることはありません

1アカウントにおける保有可能枚数と限度額

Vプリカは1つのアカウントに対して10枚まで保有できます。
カード番号が異なりますので、用途によって使い分けることも可能です。

各カードについては残高を1枚にまとめるなどの処理もできますので、余ったりした残高を他のカードに移すこともできます。

限度額については、アカウント内で発行したVプリカの残高の合算で10万円となっていますので、限度額いっぱいの買い物をするときは、全部のカードの残高を1枚にまとめて使用することになります。

Vプリカの購入(チャージ)

インターネットからカードの発行、購入(チャージ)をする場合は、原則24時間いつでもできます。
※メンテナンスによる一時停止などもありますが、その場合はサイト内で事前に告知されます。

iTunesカードのように、大手コンビニでVプリカをご購入し、会員専用ページからVプリカのコードを入力することでカード情報を発行できます。
この場合、一般的なクレジットカードや銀行口座を持たない人もVプリカを利用することが可能です。

通常のクレジットカードとの違い

これは公式にある比較表を見るとわかりやすいと思います。(引用:Vプリカ(公式)

VプリカとVプリカ・ギフト

この記事ではVプリカを主に扱っていますが、同様に使えるもので「Vプリカ・ギフト」というものもあります。

同じような名称ですので、紛らわしいですが、こちらの方はVプリカと異なり、コンビニなどで購入たVプリカ・ギフトカード裏面に記載の専用サイトからサイトにアクセスし、必要な情報を入力することで、アカウント開設をしなくてもカードを利用することができるものです。

お手軽に購入、利用できるので名前のとおりギフトとして誰かにプレゼントすることもできます。

詳細は公式でもありますが、手続きはおおよそ次のとおりです

  1. コンビニなどで「Vプリカ・ギフト」を購入
  2. カード裏面に記載のサイトにアクセス
  3. カード裏面の【認証番号】と【カード番号下4桁】を入力
  4. カード情報の確認(利用可能)
Vプリカ・ギフトはVプリカへの合算もできますので、残高を上手に使い切ろうと考えるなら、Vプリカのアカウント開設をしましょう。

Vプリカのデメリット

メリットも多いVプリカですが、アカウントを開設する前に、Vプリカのデメリットを理解しましょう。

  • 手数料と休眠カード維持費がかかる
    Vプリカを利用するうえで一番のデメリットになりますが、購入の際に数百円の手数料(購入額に上乗せされています)がかかったり、Vプリカの未使用期間が3ヶ月を超えた場合、休眠カードの維持費がかかります。
  • 月額・継続契約の利用料金の支払いに使用できない
    公共料金や電話料金など、カード情報を登録し毎月継続的に支払いが発生する場合や自動更新手続き(契約)が発生する等の加盟店での利用は不可です
  • 後日カードの提示が求められる可能性がある加盟店でのご利用ができない
    Vプリカはプラスチックカードなどの物理的なものが発行されないため、カードの提示を求められるような決済に利用できない(利用するとめんどうなことになります)
  • VISAの加盟店でも一部使えない店舗がある
    利用環境によって利用できない、もしくはVプリカとして利用不可とした加盟店についてはご利用できないようです

Vプリカのアカウントを開設しよう

アカウントを新規で開設しましょう。

公式TOPページの右上から[アカウント開設(無料)]をクリックします。

承認する内容(規約を含む)を確認して、よければチェックボックスにチェックを入れ、[次へ]をクリックしてください。

以下、次にしたがって登録処理を進めていくことでアカウントを開設することができます。

本登録において入力した項目(電話番号や生年月日)はログイン認証手続きでも使用されるため間違いの無いよう入力してください。

Vプリカの購入(チャージ)

上で作成したアカウントでログインしましょう。

Myページからは以下の処理が可能です

  • Vプリカの発行・購入
    コード入力
    ※コンビニ等で購入したVプリカのコード入力
    Vプリカ購入
    ※クレジットカードやインターネットバンキングからVプリカの購入(チャージ)
  • 各種設定
    カード情報
    ※購入済のVプリカのカード情報確認や購入済カードの残高合算
    ご登録情報
    ※会員情報、パスワード、クレジットカード情報の変更など
    Vプリカギフトの登録
    ※コンビニ等で購入したVプリカ・ギフトの登録

Vプリカの購入の流れ

Vプリカを手持ちのクレジットカード決済で購入する流れです。

メニューから[Vプリカ購入]を選択し、次の画面から購入できます。

  1. カードの券種(金額)を選択
    購入するカードの金額を選択します。ここでは5000円を選択しています。
  2. カードデザインを選択
    適当なカードデザインを選択します。複数のカードを持つ場合はデザインを変えておきましょう。
  3. カード名設定
    適当なカード名を全角20文字以内で登録します。禁止文字に気を付けてください。
  4. 残高加算
    新規でカードを発行するか、既存のVプリカに加算するかをここで選択します。
  5. お支払方法
    クレジットカードもしくはインターネットバンキングのどちらかで決済します。

5.お支払い金額について、券種(金額)5,000円に対して、支払金額は200円の手数料が上乗せされて5,200円となっています。

内容を確認して、[Vプリカ購入]ボタンをクリックすればクレジットカードとして使用できるVプリカが発行できます。

Vプリカの使い方

Vプリカを購入すると、MYページのカード情報のところに利用可能なVプリカのカードが出てきます。

[確認]をクリックすると、そのカードの詳細が出てきますので、クレジットカードとして利用する場合はここに記載されている番号、セキュリティーコード、有効期限、ニックネーム(名義)を利用することで一般的なVISAカードと同様に使用できます。

利用されれば、即時で利用明細にあがりますので、すぐに確認することができます。

以上、Vプリカのアカウント開設と利用方法となります。

Vプリカのメリット、デメリットを理解して便利に、そして安全にクレジットカードでの決済をしましょう。