iPhone 11 Proにも同梱。急速充電に対応する最先端充電技術USB Power Delivery(PD)を検証する

iPhone

新型iPhone11 Proに同梱された急速充電アダプタと同等の性能をもつPD準拠の充電器について検証

2019年9月に新たに発売されたiPhone 11 ProとiPhone 11 Pro MaxにはUSBタイプC規格の18W、急速充電器が同梱されています。

以前から、新型のiPhoneにはPD(Power Delivery)準拠と同性能の急速充電器が同梱されるということで話題になっていましたが、この度、晴れてこちらの充電アダプタが同梱されたようですので、それと同性能のiPhone XS/XRでも使えるPD準拠の充電アダプタを検証してみたいと思います。

USB Power Delivery(PD)準拠の急速充電アダプタとは?

そもそも、今回iPhone 11 Proに同梱された急速充電器と同様の規格のものは、USB Power Delivery(USB PD)という受給電規格として以前からいくつかのメーカーから商品化され販売されていました。

当然のことながら、iPhone XSやiPhone XRなどは、この規格に対応しており、規格に沿ったものを使えば、今回のiPhone 11 Proと同レベルの速度での高速充電が可能となります。

USB Power Delivery (PD)とは?

USB Power Delivery(USB PD)は、USB(特にタイプC)のケーブルを利用して最大100Wまでの受給電を可能にする電力拡張規格です。

これまでの規格よりも大きな電力の受給電を可能としているため、タブレットやノートPCなどへの高速な受給電が可能となり、iPhoneなどPD準拠しているスマートフォンに対してもこれまでとは比較にならないほどの急速充電を行うことができます。

ここで注意したいことは、PD自体はUSBの受給電規格ということなので、充電器から提供されるコネクタの規格は必然的にUSBになるということです。

現在で販売されているiPhoneについては、Lightningというコネクタを用いているため、iPhoneでUSB PD準拠の高速充電器を用いるためにはUSB-C ⇔ Lightningのコネクタ形状をもつケーブルが必要となります。

将来的にはiPhoneもLightningではなくUSB-Cのコネクタになるという話ですし、実際、新型のiPadなどは既にUSB-Cを採用しています。

Power Delivery(PD)に準拠するiPhoneのシリーズはどれ?

PD準拠の充電器のパフォーマンスを享受するためには

  1. PD準拠の充電器(充電アダプタ)
  2. PD準拠のケーブル(特にiPhoneの場合は前述のコネクタのもの)
  3. PD準拠の本体

がそろっている必要があります。

iPhoneでPDに準拠するシリーズは次のiPhone8以降のシリーズです

  • iPhone 8 / 8 Plus
  • iPhone X / X Max
  • iPhone XR / XS / XS Max
  • iPhone 11 / iPhone 11 Pro / iPhone 11 Pro Max

たばねたブログでは、手持ちのiPhone XS Maxを用いて、実際にどのぐらいの速度で充電ができるか検証します。

Ankerから発売されている高速充電器(PD準拠)の商品を購入する

今回検証に用いたのはAnkerが販売している次の製品です。

先に説明したとおり、充電器だけではなく、ケーブルもPD対応している必要がありますので、そちらも一緒に購入しました。

Ankerから販売されている急速充電器には独自規格のPowerIQというものがありますが、こちらも手持ちで持っていますので、Power Delivery (PD)準拠の充電器と、どのぐらい充電速度がことなるかも検証します。

AnkerはGoogle出身の数名の技術者によって2011年に創設され、米国や日本、英国・ドイツをはじめとした欧州各国などで高コスパ、高品質のスマートデバイス周辺機器を販売しているブランドです。

Anker PowerPort Speed+ Duo と Anker PowerLine II USB-C & ライトニングケーブルの商品レビュー

Anker PowerPort Speed+ Duoについて

この商品の特徴は次のとおりです(各々Anker公式から抜粋)
最先端の充電スピードを
Power Delivery対応USB-CポートからUSB-C機器へ30Wの高出力によるフルスピード充電が可能です。従来のUSB機器へはAnker独自技術PowerIQによるフルスピード充電(最大12W)が可能です。
これまでにない充電速度
Power DeliveryとAnker独自のPowerIQによるフルスピード充電技術により、最大1時間の充電時間を短縮しました。
より簡単な充電を
充電器をいくつも持ち運ぶ必要はもうありません。Anker独自技術のPowerIQ対応USB-AポートとPower Delivery対応USB-Cポートにより、この充電器ひとつでお手持ちの機器をほぼ全てを充電することができます。
多重保護システム
Anker独自の多重保護システムにより、充電中の機器とあなたを安全に守ります。電流が流れていることを示すLED表示も装備しています。
旅行にも最適
驚くほどのコンパクトサイズでプラグも折りたたみ式なので持ち運びにも便利です。世界各国の電圧(AC 100-240V)に対応しているので海外旅行にも最適です。
安心・安全
高品質な部材により耐久性を向上させ、電流が流れていることを示すLED表示も装備しています。

Anker PowerLine II USB-C & ライトニングケーブル

実際の写真はこちらのとおりです。ケーブルの固さは程よくしなって、良い感じですし、太目のケーブルですので、高級感と安心感があります。

この商品の特徴は次のとおりです。

Power Delivery対応
Power Delivery対応のUSB-C急速充電器と一緒に使用することで、iPhoneへフルスピード充電が可能です。
優れた耐久性
一般的なケーブルより12倍以上の耐久性をもち、12000回以上の厳しい折り曲げテストもクリアしました。

Apple MFi認証
PowerLine IIはApple社に許可を受けた証であるMFi認証を取得しており、iPhoneやiPad、iPod、その他のLightning端子機器に対して最適に動作するよう設計されています。

充電も同期もこれ一本で
iPhone、iPad、iPodをUSB-CポートまたはThunderbolt 3(USB-C)ポートに対応したMac、iPad Proにつないでデータ同期が可能。MacBook ProやMacBook AirでもUSBハブを使用することなく、お使いのiPhone、iPadにデータ転送や同期が可能です。

こだわりの高品質
Apple MFi認証済みに加え、弊社による厳格な品質検査を実施しており、お使いのApple製品をフルスピードで充電いただけます

上質な使い心地
高品質で柔らかなTPE素材を使用し、耐久性としなやかさを両立しました。これまで以上の使いやすさをご提供します。丸みを帯びたコネクタは抜き差ししやすく快適にご使用いただけます。

USB Power Delivery (PD)準拠、PowerIQ急速充電器、iPhone XS Maxの純正品(充電器)の充電速度を検証する

iPhone 11 Proに同梱されている18Wの急速充電器の謳い文句は「最大50%の充電を約30分間で」となっています。

実際にiPhone 11 Proの充電アダプタを試すわけではありませんが、今回検証するUSB PD準拠の急速充電器Anker PowerPort Speed+がどの程度この速度(30分で50%)に迫れるかを見てみましょう。

なお、検証する条件は次のようにしています。

  1. iPhoneのバッテリーはアプリを動作させて自動的にシャットダウンするまで使って0%にする
  2. 充電アダプタのケーブルを接続してから30分、1時間のバッテリーの状態(何パーセントか)を確認する
  3. ケーブルを接続した後は、状態の確認以外の操作をしない 

iPhone XS Max 純正アダプタ

まずは一般的な四角形の純正アダプタでの検証になります。

あまり早くは無いなと普段から感じていましたが、検証結果は次のとおりです。

30分 → 19%
1時間 → 35%

同根されている充電アダプタはある程度コストを下げていると考えられますから、それなりの結果となりました。

フル充電までは、やはりそれなりの時間が必要です。

Anker 36W 4ポート USB 急速充電器 PowerIQテクノロジー搭載

2015年頃に購入して普段使っていたもので、Anker独自技術のPowerIQテクノロジーを搭載し、4ポートの同時出力が可能です。

検証結果は次のとおりです

30分 → 36%
1時間 → 66

こちらのアダプタはそれなりに速いと思っていましたが、思っていた以上に性能がよく驚きました。

1時間で66%の充電はかなり優秀な結果です。PowerIQを使うのであればUSB-Cのケーブルを別途購入する必要がないですし、これまでのアダプタを見直すという意味では選択肢の一つかもしれません。

検証した商品は廃盤となっていますが、後継の商品でいえば次のものとかになるでしょうか。PowerIQの商品はAnkerから色々な大きさ、ポート数のものが販売されていますので、ライフスタイルに合ったものを選択できるかと思います。

Anker PD準拠 PowerPort Speed+ Duo

最後に、今回の目玉商品であるUSB Power Delivery(PD)準拠のこちらの商品です。

検証結果については次のとおりとなっています。

30分 → 51%
1時間 → 80%

やはり、最先端充電技術と言うだけあって、相当速いでうす。

ほぼ、iPhone 11 Proの同根アダプタで示されている30分で50%という数値と一致しており、性能的に劣ってる感じは一切ありません。

たばねた
これは速い!結構感動するぜ!

さいごに

今回は、iPhone 11 Proで話題になった急速充電器についてレビューしてみました。

自宅へ帰って着替えてから外に出たり、ちょっと昼間にスマホ使いすぎて残バッテリーが気になるなど、これまでそういうことがありましたので、今回思い切ってPD準拠の急速充電器を購入してみました。

30分で50%の充電スピードは正直脅威的ですし、先のシチュエーションなど、本当に少しの合間で50%近くまでバッテリーを回復できるというのは、とても有難いです。

実際のこうして検証すると、充電速度の違いは明確ですので、iPhone 8以上のシリーズをお持ちの方でiPhone 11 Proの充電スピードがうらやましい!とお思いの方は、PD準拠の充電アダプタの購入を検討してみてもよいのではないでしょうか。

私自身、購入して後悔なしの商品でしたので、オススメです。(もう一つ欲しい・・・)

スポンサーリンク