人気色?MagSafe対応iPhone 12 Pro Maxレザーケース

iPhone

どうもです!たばねた(@tabaneta_)です。いつも、たばねたブログをご覧頂きありがとうございます。香港版のiPhone12 Pro Maxを購入したということで、今回の記事はこちらになります。

人気色で品薄?!Apple純正 MagSafe対応 iPhone 12 Pro Maxレザーケース・バルティックブルー

iPhone 12 Pro MaxをApple香港(公式)でポチった後、ケースとガラスフィルムぐらいは用意しておかないといけないかもと思い、色々物色してみました。

iPhone XS MaxではApple純正のレザーケースを使っていて、これがすごく出来がよかったので、今回もApple純正のレザーケースを購入しようとApple(公式)をのぞいてみたら・・・

!!!!
なんと、いうことでしょう…
バルティックブルーのレザーケースだけ、意味わからんぐらい出荷が遅い!

ケースぐらい、それもMaxなんて買うやついないだろう(心の声)

なんて思ってた3日前の自分を小一時間ぐらい説教したい気持ちを落ち着かせながら、とりあえず速攻でポチりました。

購入した本体は香港版のiPhoneですが、レザーケースは国内のAppleでポチってます。
物理SIM+eSIM版と物理Dual SIMとの違いがあるといえ、大きさなどは共通ですので、ほぼ問題ないはず。
(いや、実際問題なかったです)

初期生産数が少なかったのか人気なのか…届いたのは20日後(2020年11月29日)

11月9日にオーダーして、ようやく届いたのは11月29日といことで、おおよそ20日程度かかりました。

数ヶ月たてばアクセサリの類いは在庫状況が改善されますが、やはり発売当初は気をつけないとダメという良い見本です。

届いたものは、お馴染みの白いBOXに入っています。色味は以前のネイビーよりも明るめのブルーです。調べてわかったんですが、バルティックって”バルト海の”という意味みたいですね。オシャレ~

iPhone XS MaxとiPhone 12 Pro Maxのレザーケースを比較

せっかくですので、これまで使っていたiPhone XS Maxのレザーケースと新しいiPhone 12 Pro Maxのレザーケースを比較してみましょう。

見た目は明らかにiPhone 12 Pro Maxのケースの方が大きく感じですのですが、かぶせてみると2,3mm程度大きいのかな?といったところです。
写真では下が12用、上がXS用となっています。若干はみ出てますね。

横に並べてみると、カメラのレンズの窓の大きさが全然違います。

あとは、レザー裏面に、12用のものはMagsafe用であることがわかる白い輪っかがプリントされてます。
写真の角度の関係で、こうしてみると12用が5mmほど大きく見えてますが、実際そこまで違いはありません。

重量も比較してみる

本体の到着と前後しますが、iPhone XS Max本体+純正レザーケース、iPhone 12 Pro Max+純正レザーケースの重量を比較してみます。

iPhone 12 Pro Maxの方は大きさはそれほど違和感ありませんでしたが、持った感じ非常に重く感じました。
実際量ってみたら、びっくり!22gぐらい重くなっていました。そりゃ重く感じるはずです…

そのうち慣れるとは思いますが、この時ばかりはiPhone 12 Proでも良かったかなぁ…と思いました。

たばねた
なんだか腕に負担がかかるな~と思ったんだよね…腱鞘炎になりそう

まとめ

今回の記事では、iPhone XS MaxとiPhone 12 Pro Maxのレザーケースの比較を含め、新しいiPhoneのApple純正レザーケース MagSafe対応 iPhone 12 Pro Maxレザーケース・バルティックブルーを取り上げました。

ケース自体はそれほど重くないのですが、本体とセットにするとやはりそれなりの重量を感じます。

ただ、さすが純正のレザーケースだけあって、大満足のクオリティとデザイン。レザーケースであるにも関わらず、同じ純正のシリコンケースと税抜で1,300円程度の価格差しかありませんので、特段の理由がなければこちらのケースをオススメしたいところです。

さて、次は、いよいよ香港から届いた本体を開封してきたいと思います。