ガラケー(FOMA 3G)からガラホ(Xi 4G)に

iPhone

docomo Online Shopでガラホを注文した

結局、FOMAのSIMは認識しなかったので

FOMA SIM 香港版 iPhone XS Max (A2104)

2018.10.02

いろいろ、思案した結果、FOMAをXiに変えることにしました。
ただ、この時点で問題点がいくつかあります。

  1. XiのSIMは認識するのか (ドキドキ度:★★☆☆☆)
  2. 対応させるためのdocomoのプランをどうするのか(難易度:★★★☆☆)
  3. 現状(2台持ち)と同等の維持費で運用できるのか(ドキドキ度:★★★★★)

1.についてはほぼ問題ないと考えています。
ただし、現時点での香港版 iPhone XS MaxはDSDS(Dual SIM Dual Stanby)であってDSDV(Dual SIM Dual VoLTE)ではない。もし認識しても音声側は3Gでの運用になることを覚悟しています。

でも、DSDS機としての仕様だけみればFOMAが認識できても問題ないんですよね・・・
実際、一時期使っていたDSDS機のHUAWEI novaでは格安SIMとFOMAで運用できてましたし、iPhoneも4Sの時はFOMA認識していましたから。
そういう意味ではdocomoで扱っているiPhoneはXiですからSIMフリーのiPhoneであれば香港版であっても問題ないと考えました。

DSDSとDSDVの違いって?
DSDS(Dual SIM Dual Stanby)もDSDV(Dual SIM Dual VoLTE)のどちらも
スマホの中に2枚のSIMカードを挿すことができ【Dual SIM】、2枚のSIMカードの通信を同時にスタンバイ状態にできる【Dual Stanby】
というのは一緒。
ただし、通信できる規格として
・DSDSが4G+3G(片方は4G【LTE】もう片方は3G【FOMA】)
・DSDVは4G+4G(片方は4G【LTE】もう片方も4G【LTE】※場合によっては3Gで通信)
となります。

2.については別にまとめます。

香港版 iPhone 「XS Max」 「XR」にマッチするドコモのプランを考える

3.については2.と関連しますが完全人柱覚悟です。少しニッチな情報になりますが、このブログで一番書きたかった記事になります。

色々考えていても現状維持ではせっかく苦労して手に入れた(いえ、あまり苦労はしてないんですが(笑))、香港版のiPhone XS Maxが無駄になってしまう。そう言い聞かせて、まずはガラケーをガラホに変えるべく、(FOMA→Xi)の契約変更とガラホの注文をかけました。
docomo Online Shopでポチりましたので、本体(とXi SIM)と来て開通処理をしてからこの顛末がどうなるか・・・こうご期待

スポンサーリンク