【開封レビュー】 AQUOS ケータイ SH-01J

スマートフォン

docomo Online Shopから荷物届きました

意を決して注文してから数日後、docomo Online Shopから宅配便で荷物が届きました。
これまでドコモの携帯電話を購入する際は、基本的にドコモショップに行って購入し同時に契約の変更とSIMの発行をしてましたので、少し新鮮です。

タイトルでは【開封レビュー】となっていますが、基本的にSIMだけを使いたいので、本体の詳細なレビューはここではしません(笑
AQUOSとかSH-01Jの検索で来てしまった方、スイマセン!
でも、外観ぐらいは・・・
とりあえず、ご開帳!こんな感じの中身になってます(福袋じゃないです)

本体は・・えっと・・ちょっと頼りない感じです。
コスト抑えてるのかなぁという作りで、ヒンジやボタンがチープな感じ。
いえ、でも使ってみたらよいかもしれないです・・・多分・・・
※この時点では、SIMしか興味ないのでホントすみませんw

あれ??
その、私が求めているXiのnano SIMはいずこに???

まさかの発送ミス?

SIMのカードが入ってないんですよ・・・探しても

「商品お届けのご案内」なる明細書を見ても、特にUIMカードとか記載されていませんし、これはいったいどういうこと??

としばらく放心状態になりました。

実は、この時点で私のMy docomoの使用端末は随分昔のT-01CというFOMAスマホになっていまして、こいつはnanoSIMではないんです。
ちょっと前に、HUAWEI novaで運用するためにnano SIMに変更していますが、使用端末がずっと変わっていなかったので、てっきりnano SIM入ってくると思ってました。
※あとFOMAとXiのSIMってきっと違うよねと思ってた自分もいます(無知)

ようするに、今、アナタが使ってるのはnano SIMなんだから、そのまま使いなさいよ。
※こっちはちゃんと大きさ含めて発行してるSIM管理してるんだからね

ということですね

じゃ、今使ってるFOMAをXiに切り替えるためにはどうしたらいいのかというと、これはユーザーが自分でドコモオンラインショップのサイトから行う「開通手続き」となります。

1、2は終了(というか、何度も言いますがSIMしか興味な・・・)、3でいよいよFOMAの契約状態のSIMを挿して、4でどうなるか!

nano SIMが同封されていないということは、開通処理と同時にXiに変更されることが予想されるわけです。
ここでうまくいかなければ、いよいよ、今回購入したSH-01Jが私の2台持ちのパートナーになることが決定!
このブログも香港版 iPhone XS MaxからAQUOS SH-01Jのレビューをつらつら書くことになるのではという・・・なんともモヤモヤする時間をすごすことになりました。

つか、FOMAのSIMをそのまま使うんだったら、荷物くるの待たなくても開通処理だけしたら良かったんじゃね?
なんてことは、送られてきた荷物に問題があった時に色々大変ですので・・・みなさんやめましょうね

そもそも、開封する必要もなかったんだからレビューとかやめろよとかいうコメントとかも送らないでね(涙

次回!いよいよクライマックス!?

香港版 iPhone XS Max で docomo Xi (通話系)+MVNO (iijmio) (通信系)のDSDSを試してみるぜ!