自分の好きな名前のドメインを取得してブログを開設しよう

IT・IoT

TLD(トップレベル・ドメイン)とドメインの名称を決めよう

独自ドメインを取得する上で、まず決めないといけないことがあります。

一つは、サイトの名前、もう一つは、gTLDやccTLDと呼ばれる一番最後の”.”以降のドメイン名です。

図で説明しましょう

ここに示す、”tabaneta”という名称は自分で決めることができます。

その後ろの”.com”や”.jp”の部分は原則、自分で決めることができません。一般的にはgTLD(ジェネリック・トップレベル・ドメイン)やccTLD(カントリーコード・トップレベル・ドメイン)と呼ばれるもので、元来、.comであれば商用向けのWebサイト用にcommercial(商用)の略として用意されたドメイン名となっています。

同様に国を示す”.jp”(japan)や、政府を示す”.gov”(goverment)といったもの、JPドメインの組織種別型として”co.jp”といった株式会社などを示すものもこれにあたります。

よって、決められたTLDの中から自分の解説するホームページにふさわしいTLDを選択するということになります。

要するに、独自ドメインは、名称とTLDのセットで決定されるので、それを念頭に置いて総合的に名前を決めましょう。

図にあるように、”tabaneta.com”と”tabaneta.jp”はドメインの名称上、明確に異なることに注意してください。

お名前.comでドメイン名を取得しよう

前述のルールを理解したうえで、名称が決まったら、TLDを選択してドメイン名を取得しましょう。

たばねたも取得した、ICNNから認定されている認定レジストラのお名前.com



上記のリンク等から公式のHP

ドメイン検索のフォームに、TLDを除いた希望する名称を入力して[検索]をクリックします。
※ここでは[tabaneta]としています。

検索結果として[tabaneta]を名称とした、各TLDの価格と空き状況を確認することができます。

例えば、[sony]などの大企業であれば、どのTLDもおさえてあったりしますので、ほぼ空きが無いことが確認できますが、[tabaneta]ですと、幸いにすべてのTLDが使えることが確認できました。(笑)

私の場合はTLDに”.com”を使いたかったので、”.com”にチェックをして[料金確認へ進む]をクリックします。

↓↓↓↓【ここで注意!】↓↓↓↓

安価なTLD(トップレベル・ドメイン)に注意しよう!

話が多少飛びますが、重要な話ですので、ここで先に記載します。

お名前.comでもそうですし、多分、他のドメイン登録サービス会社でもそうですが、登録時に非常に安価に設定されているTLDがあります

私も最初は図に示すように”.com”ではなくて、比較的安価な”.net”なんかでも良いかなと思ったのです。

が、よくよく調べますと、実はこの情報だけでは表記されていない落とし穴があります

ドメインは取得すると、ほぼずっと使い続ける可能性が高いものです。

しかし多くの場合、登録時に提示されている価格は、最初の1年間の使用料になっており、次年度以降も同じドメイン名を使いたい場合は、更新料を支払わないといけません。

ここで、”.com”と”.net”の登録料金と次年度以降の更新料金を見てみましょう。

見てのとおり、更新料金は、”.com”が1,280円/年に対して、 ”.net”は1,480円/年と、登録料金と比較して年額200円ほど高くなります

登録時の差額は451円ですので、4年間で使用料金が逆転して、それ以降使い続けると差額は広がるばかりとなります。

キャンペーンサイトや、試用サイトなど、1年でドメイン名を手放すつもりであれば、安価なTLDも良いと思います。

しかし、「独自ドメインを取得して、これからブログを解説して頑張ろう!」と思っている方は、どのぐらいの期間そのドメイン名を試用するのか、トータルコストがどの程度になるのかを正確に見極めたうえで、安いからといって微妙な名称のTLDを選択し、数年後にトータルのランニングコストが高額にならないように、注意してTLDを選ぶようにしてください。

こういうことも含めて検討した結果、たばねたブログでは”.com”を選択しています。
gTLDである”.com”は、登録時には他のTLDと比べて数百円~千円程度高額になりますが、非常に使いやすいTLDだと判断しましたので、参考にしてみてください。

お名前.comでドメイン名を取得しよう (つづき)

話がそれてしまいましたが、ドメイン名の取得手続きについて続きを記載します。

申し込みの内容を確認し、お名前.comのIDを持っていない場合は[初めての利用の方]にメールアドレスとパスワードを登録して[次へ]をクリックします。

氏名や住所、電話番号などの会員情報の入力をして[次へ進む]をクリック。

再度、画面右側の[お申込みの内容]を確認し、内容に間違いが無ければ、支払い方法を選択して[申込む]をクリックします。

支払い方法については、クレジットカード、コンビニ、銀行振込、請求書とありますが、一般的には請求書を除いた形での支払いになるかと思います。

私はクレジットカードを選択して、サクッと支払い処理しました。

処理が完了すると次のような画面が表示されて、申込みの完了となります。登録したメールアドレスにも申込み内容が送付されていますので、確認しておきましょう。

おわりに

以上、独自ドメインによる新規ブログ開設で必要になる、独自ドメイン取得ついて記載しました。

独自ドメインはランニングコストが発生しますが、自分のブログを開設しつづける限り必要になるものです。

自分が管理するサイトのドメイン名を考えるのは、悩ましい時間であり、楽しい時間でもあります。

たばねた
これからブログを開設する方が、こちらの記事を参考にして独自ドメインを取得していただけたら幸いです。

次は、いよいよレンタルサーバと独自ドメインを結び付けていきたいと思います。

スポンサーリンク