JCBゴールドカード(Original Series)をまとめてみた

クレジットカード

我が家のメインカードである、JCBゴールドカード【Original Series】はJCBブランドが発行する、いわゆるプロパーカードです。

◆カードブランドJCBとプロパーカードに関する記事はこちら

純国産のクレジットカードブランドであるJCBのプロパーカード

2月 12, 2019

◆なぜ、たばねたが年会費がかかるJCBのゴールドカードをメインカードに選んだのかはこちら

すべての人にお勧めするベストなクレジットカードは存在するのか

2月 18, 2019

ということで、ここではJCBが発行するオリジナルシリーズの中で中核に位置するJCBゴールドカードについて、詳細をまとめてみます。

JCBゴールドカードとJCB一般カードの年会費と付帯サービス

一般的に、クレジットカードには年会費がかかったり、様々なサービスが付帯したりするわけですが、ここで大まかに比較される項目について、ざくっと表にしてまとめてみます。

ここでは、同じオリジナルシリーズでラインナップされている”一般カード”と比較することで、その違いをみてみましょう。

 JCBゴールドカード【OS】JCB一般カード【OS】
カードフェイス
※標準的なもの
年会費本会員:10,000円(税別)
家族会員:1名無料、2人目以降 1,000円(税別)/人
本会員:1,250円(税別)
家族会員:400円(税別)/人
※条件付きで年会費無料(年間決裁50万円など)
ショッピングガード保険海外:最高500万円
国内:最高500万円
※1事故につき自己負担額3,000円
海外:最高100万円
国内:なし(0円)
※1事故につき自己負担額1万円
家族カード
旅行傷害保険海外:最高1億円
国内:最高5,000万円
海外:最高3,000万円
国内:最高3,000万円
ポイント還元率0.5%~0.5%~
ETC〇(無料)〇(無料)
電子マネーQUICPay, ApplePay,GooglePayQUICPay, ApplePay,GooglePay
プライオリティパス
空港ラウンジサービス
※国内の主要空港ラウンジ利用可
※ハワイダニエル・K・イノウエ国際空港(旧ホノルル国際空港)
上位カード(JCBゴールド・ザ・プレミア)への招待
その他

”出展:JCB公式”

年会費について

発行されているクレジットカードの多くは年会費無料であったりして、”そもそもクレジットカードに年会費を支払うなんて!”と思っていた時期が私もありました(笑

この年会費の項目だけ見ますと、JCBゴールドカードは年間10,000円(税抜)の会費がかかります。これは普通に考えて高額です。

対して、JCB一般カードについては年間1,250円(税抜)とリーズナブルな年会費であり、下記2つの条件を満たすことで、翌年度の年会費が無料にもなります。

  • 条件(1) MyJチェック(JCBのWEB明細)の登録
  • 条件(2) 年間合計50万円(税込)以上のショッピング利用

当然のことながら、最初から年会費無料をかかげているクレジットカードと、年会費が有料であるJCB一般カードを比較した場合、有料のJCB一般カードの方が、より充実したサービスが付帯されていることは疑う余地がありません。

比較にならないかもしれませんが、条件付きですが年会費実質無料という項目と上記の表中のゴールドカードとの付帯サービスを比較検討しますと、人によっては一般カードがマッチする場合もあろうかと思います。

ショッピングガード保険はとても強力な保険です

動産総合保険であるショッピングガード保険は、以前の記事にも少し書いていますが、日常生活で非常に有用な保険の一つです。一般的にゴールドカード以上のクレジットカードにおいて設定されていますが、補償額や保証条件は様々ですので、よく確認しましょう。

クレジットカードに付帯もしくは加入できる便利な保険

10月 21, 2018
名称については「ショッピングガード保険」「ショッピング・プロテクション」「買いもの保険」など言われます。

ショッピングガード保険は補償期間内において、当該JCBカードを利用して購入した物品で購入日から90日以内に偶然な事故によって損害をかぶった場合、限度額までその商品を補償するというものです。
※ただし、スマートフォンや食料品など、補償の対象とならない物品があります。

JCB一般カードについても、海外においてのみ、最高で100万円のショッピングガード保険が付帯していますが、自己負担額が1万円と大きく、やはり国内のものが対象になっていないため、あまり使い勝手の良いものではありません。

こちらについては、JCBゴールドカードに軍配があがります。

家族カードの発行

JCBゴールドカードの場合は1名無料(2名以降は有料)で発行することができ、JCB一般カードの場合は1名あたり400円(税抜)で発行することができます。
※初年度無料や一般カードの条件達成による翌年無料など、本会員の年会費が無料の場合は、家族会員も無料となります。

家族会員が受けられるサービスについては、一部、本会員と異なりますが、基本的には本会員と同等のサービスを受けることができ、家族カードで決済したものは、利用額を本会員の分とまとめることができます。

JCBゴールド・ザ・プレミアやプラチナ、THE CLASSなどカードのグレードが上がると、年会費に応じて付帯サービスの質もあがりますので、家族カードにおいて、同じようなサービスが受けられるとなると、非常にお徳感があります。

プラチナカード並みの旅行傷害保険

JCBのオリジナルシリーズは、全般的に付帯する海外・国内旅行傷害保険について定評があります。

実際、傷害死亡・後遺障害の保険金額については、他の会社が発行する同グレードのものと比較してワンランク上の設定額が提示されています。

スペースの関係で上の表には記載していませんが、旅行傷害保険において重要とされるものをここで特出しにしておきます。

ちなみに、海外旅行保険には”持ち物(携行品)の破損や盗難に備える携行品保険”や、”損害賠償請求をされたときに備える賠償責任保険”、”旅行先でケガや病気を発症してしまった場合に親族が救援者としてかけつける救援者保険”など様々な補償がありますが、この中でも最も重要なものは”傷害・疾病治療に備える各治療費”です。

一般的に、海外旅行時(特に欧米)において病院にかかると日本では考えられないような費用を請求されます。

クレジットカードに付帯する傷害・疾病治療費の補償額は持っているクレジットカード各々の額の合算で重複することができますが、欧米などへ旅行する場合においての治療補償額はその合計額が1000万以上であることが望ましいとされています。

ここでもわかるように、JCB一般カードでは100万程度(本人のみ)しか補償されませんし、世の中にある年会費無料のカードにおいても出国前に何らかの交通手段の決済を当該カードで行っているときに補償されるなど条件付きでようやく補償されるなどあるので、補償額と保証条件については注意が必要です。

JCBゴールドカード【OS】JCB一般カード【OS】
傷害治療費用(海外)
1回の事故につき
300万円 限度
【家族】200万限度
1回の事故につき
100万円限度
疾病治療費用(海外)1回の病気につき
300万円 限度
【家族】200万限度
1回の病気につき
100万円限度
賠償責任(海外)1回の事故につき
1億円 限度
【家族】2,000万限度
1回の事故につき
2,000万円限度
携行品損害(海外)1旅行中
50万円限度
保険期間中100万円限度
※自己負担額:3,000円
1旅行中20万円限度
保険期間中100万円限度
※自己負担額:3,000円
救援者費用等(海外)400万円 限度
【家族】200万円限度
100万円限度

ほか、国内において(海外においても)便利な保険として航空機遅延保険があげられます。

これはJCBゴールドカード以上のカードにのみ付帯されますが、出航遅延費用等保険金や寄託手荷物遅延費用保険金はありがたい保証かもしれません。

JCBゴールドカード(国内・海外航空機遅延保険)
補償内容保険金額保険金が支払われるケース
乗継遅延費用保険金
(客室料・食事代)
2万円限度遅延した航空便の実際の到着時刻から4時間
以内に代替便を利用できなかった場合
出航遅延費用等保険金
(食事代)
2万円限度出航予定時刻から4時間以内
に代替便を利用できなかった場合
寄託手荷物遅延費用保険金
(衣料購入費等)
2万円限度到着後6時間以内に手荷物が届かなかった
場合で、到着後48時間以内に購入した場合
寄託手荷物紛失費用保険金
(衣料購入費等)
4万円限度 到着後48時間以内に手荷物が届かなかった
場合を紛失とみなし、到着後96時間以内に
購入した場合

こうしてみると、旅行傷害保険においてはJCBゴールドカードとJCB一般カードの差は歴然としています。

ポイント還元率

よく話題にでますが、JCBのオリジナルシリーズのポイント還元率は0.5%~と総じてあまり高くないということになっています。

JCBカードのポイントサービスについてはちょっと複雑ですし、他のサイトでも記事としてよくまとめられています。

ただ、実際に使ってみた実質還元率を提示しているサイトは少ないと思いますし、その辺りを含めて別の記事として書かせて頂きましたので、よろしければ下記関連記事をご覧ください。

JCBオリジナルシリーズの還元率をまとめてみた

2月 26, 2019

無料で発行されるETCカード

ETCカードについては、原則、JCBオリジナルシリーズのすべてのカードで無料で発行することが可能です。

他の会社が発行するクレジットカードのなかには年会費がかかる場合もありますので、この辺りは優秀です。

出展:JCB公式

電子マネーへの対応

JCBオリジナルシリーズのクレジットカードはQUICKPay, ApplePay, GooglePayに対応します。

QUICKPayについては別途、カードやQUICKPayコイン等を無料で発行することが可能です。

各種発行はJCBの会員専用WEBサービスであるMyJCBにログインして、そこから簡単に依頼することができます。

iDについてもApplePayで登録することで対応できますので、対応していない電子マネーはEdyやWAONぐらいでしょうか。

私自身は特に問題を感じたことはありません。

ちなみに、ApplePayにJCBプロパーカードを登録すると、原則、自分の持っているクレジットカードのカードフェイスで表示されるようです。

私の場合はWEBデザインのJCBゴールドカードですので、次のようになっています。

ちょっとした待ち時間に快適な空港ラウンジサービスを利用する

JCBゴールドカードでは、国内の主要な空港のラウンジサービスを利用することができます。残念ながら海外の空港においては、ハワイのハワイダニエル・K・イノウエ空港(旧ホノルル国際空港)のみでラウンジの利用が可能となっています。

とは言いましても、そもそも空港の利用を頻繁にする人はあまりいないかもしれませんし、出張などにおいても、同僚が居たりすると一人だけラウンジに入るわけにもいきませんので、正直、私としてはこれまであまり恩恵に与ったことが無いサービスです。

もちろん、単身での出張が多い方については非常に有用なサービスになりますので、その場合はゴールドカード以上のグレードを検討するべきかと思います。

JCBプラチナまたはJCB THE CLASSにおいては同伴者も1名無料となりますので、それらのカードであればもう少し使いやすいサービスかもしれません。

上位カードへの招待が受けられるか否か

JCBにおいては、Original Series以外のクレジットカードでは、インビテーションを得ることができません。

正直、JCBのOriginal Seriesのゴールドカードをもつ最大の理由が、こちらの、JCBゴールド・ザ・プレミアムもしくはJCB THE CLASSのインビテーション(招待)を受けたいがためという方は多いのではないでしょうか。

JCBゴールドカードに限らないと思いますが、一般的にゴールドカードの付帯サービスは中途半端なことが多いです。(と私個人は感じています)

それでも年会費は総じて1万円程度かかりますし、ゴールドカードの内容であれば、この年会費を支払ってカードを持つ意味はそれほど無いような気がしており、実際、私も持たないと思います。

ここでは詳しくは書きませんが、JCBプラチナカードについても同様のことが言えるかもしれません。

そういった判断もあり、私のMyJCBの画面にはプラチナカードへのアップグレード案内が来ていますが、見送っているところです。

それでも、JCBゴールドカードやJCBプラチナカードを持つのは、コスパの良い招待制カードを持ちたいがためといっても過言ではありません。

ただし、JCBプラチナカードはJCBオリジナルシリーズでインビテーションを受けずに発行できる最上位のクレジットカードであり、JCB THE CLASSのインビテーション(招待)を一番受ける可能性の高いカードであることは間違いないでしょう。

そのうち、JCBプラチナカードについても情報をまとめてみたいと思いますが、コンシェルジュなどのベネフィットに魅力を感じている方は、JCBゴールドカードではなく、JCBプラチナカードを発行して、JCB THE CLASSの招待を待ってみてはいかがでしょうか?


その他の特筆すべき付帯サービス

  • 人間ドックサービス(私はあまりいらないかも。人によっては有用でしょうか)
  • ドクターダイレクト24(ちょっとした相談には有用?)
  • 健康チェックサービス(病院いきますよね)
  • JCB暮らしのお金相談ダイヤルで気軽に電話相談(確定申告とかで便利かも)
  • グルメ優待サービス(地方だとイマイチお得感ありません)

タクシーチケットって思ったより便利

実は地味に使ってるのがタクシーチケットの利用です。

昨今、クレジットカードや電子マネーで決済できるタクシーがほとんどですが、運転手さんが年配の方とかだと決済に戸惑ったりすることもありますし、そもそもクレジットカードや電子マネーの決裁ができないのタクシー会社であっても、JCBのタクシーチケットでは支払いができるケースもかなりあります。

JCBゴールドカード以上のカードの場合、送料を含めた発行手数料が無料です。

もちろん、チケットでの支払いについても後日クレジットカード決済で上がりますので、年間の利用金額にも加算されますので、たまにタクシーを使われる方は参考にしてください。

選択できるカードフェイスがいくつか用意されている

通常デザインのJCBのオリジナルシリーズのカードフェイスは枯山水をモチーフにデザインされています。個人的には落ち着いていて好きですが、デザイン的には好みが分かれそうな気はしています。

一方で、JCBオリジナルシリーズは各々のグレードにおいて、カードフェイスをいくつか選択できるようになっています。

こだわる人にはとても良いサービスだと思います。ミッキーデザインなどはプロパーカードと認識できない場合がありそうです。
※逆にそれが良いという人もいると思います。

◆JCBゴールドカード  ≪出展:JCB公式≫

※富士山デザインのものもありますが、こちらでは割愛します。

JCBにはディズニーデザインとは別にディズニー★JCBカードがありますが、こちらはJCB Original Seriesではありません。JCBゴールド・ザ・プレミアなどのインビテーション(招待)は届きませんのでご注意ください。

◆JCB一般カード  ≪出展:JCB公式≫

結局、JCBゴールドカードを持つことのメリットとデメリットって?

メリット

  • 上位カードのインビテーション(招待)を受けることができる。
    ※もう私の場合はコレに尽きます
  • ショッピングガード保険や旅行傷害保険が強い。
  • 国内の空港ラウンジが使える。
  • ハワイや国内における日本人観光地での決裁や世界60ヵ所に設置されている、JCB会員専用の「JCBプラザ ラウンジ」等のサービスが優秀。
  • 東京ディズニーリゾートのオフィシャルスポンサーで、ディズニー関係に強い
    ※特にカードフェイスがファンにはたまらないかも

デメリット

  • 年会費が10,000円と割高感がある。それに見合うサービスの恩恵を受けるのが難しい。
  • ポイント還元率が高還元率のカードと比較して悪い

まとめ

ここではJCBのプロパーカードである、JCBゴールドカードとJCB一般カードを比較しつつ、JCBゴールドカードの情報をまとめてみました。

何度も書いていますが、私がこのカードをメインカードにしている大きな理由は、このカードの上位カードであるJCBゴールド・ザ・プレミアの招待を受けるためです。

JCBゴールド・ザ・プレミアは公式ページでも公開されているとおり、下記の条件を満たすことで、JCBからインビテーション(招待)を受けることができます。

  • 条件(1)JCB ORIGINAL SERIES対象のJCBゴールドのショッピング利用合計金額が2年連続で100万円(税込)以上
  • 本会員が会員専用WEBサービス「MyJCB」に受信可能なEメールアドレスを登録している

今後の記事では、JCBゴールドカードとJCBゴールド・ザ・プレミアの比較を含め、その辺りの情報もまとめていきたいと考えています。

JCBゴールドカードを持つ意味とJCBゴールド・ザ・プレミアの維持費

最後に補足となりますが、お分かりのとおり、JCBゴールド・ザ・プレミアのインビテーション(招待)とその維持費には年間決裁金額100万円以上というハードルがあります

我が家は支払いできるものはスーパーでの食料品の買い物を含め、可能な限りクレジットカードの決裁をすることで年間100万円の決裁額をクリアしていますが、この決済額をクリアできない状況であれば個人的にはJCBゴールド以上のクレジットカードを持つことを推奨しません。

むしろ、年間決裁額が50万円~100万円の範囲に収まるのであればJCB一般カードをお勧めします

JCBゴールドカードの審査が難しい場合や、現時点での年間決裁額が100万円に満たない場合については、とりあえずJCB一般カードや完全年会費無料のJCB CARD Wなどを視野に入れて選択しましょう。

クレジットカード会社は、ユーザのクレジットヒストリー(クレジットカードの利用履歴)を見ています。後々、上位のカードを持ちたいと思うのであれば、それらのカードで良質なクレジットヒストリーを積んでおくことは、インビテーション(招待)を受けるうえでも非常に意味があることです。

過去に支払遅延歴や携帯電話の滞納、多額の借入金の件数の金額があるとインビテーション(招待)が来ないばかりか、カードが発行されないケースもありますので注意が必要です。

スポンサーリンク